menu
閉じる
  1. いちばん近いキャリアショップを選ぶ
  2. 音声通話サービスを付ける
  3. 通信速度やひと月に扱えるデータの容量
  4. タッチパネルで操作の出来る多機能携帯電話
  5. 小さなパーソナルコンピューター
  6. パネルの種類
  7. ソフトの信号を本体に送る
  8. 世界中でシェアされてる
  9. ウイルスや悪質なアプリも多く報告
  10. グーグルが提供する無償の携帯用OS
閉じる
閉じる
  1. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/2/18
  2. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/2/15
  3. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/2/12
  4. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/2/09
  5. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/2/06
  6. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/2/02
  7. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/1/30
  8. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/1/29
  9. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/1/27
  10. みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2019/1/26
閉じる

みんな大ファンのiphoneナビゲーター

ソフトの信号を本体に送る

7-02

外側の本体から中に入っているiOSというツールまで、全てをアップルが自社で設計していますので、つなぎ目がスムーズっていうビジョンです。以前はアンドロイドよりも圧倒的にアイフォンの方が動きがスムーズで、これがiPhoneの大きなメリットだった。

iPhoneの動きがスムーズなのは、アップルが統一して作ってるからだ。これだとつなぎ目がスムーズじゃない感じになるのでしょう。

ソフトの信号を本体に送るのに、ラグが生まれやすくなるんです。スマートフォンマンの感覚では、まだ若干のiPhoneの方が動きが好いと思う。

ですけど、最近はアンドロイドも改善されてきて、十分バンバンと動くようになっています。だから、動きが鈍くなっちゃいやすいんです。

Androidはツールの名前でGoogleが作っいるが、ツールはGoogleですが外側の本体は色んな企業が作っているのです。これに対してアンドロイドはWindowsにみようかなビジョンです。

Windowsもマイクロソフトがソフトを作っていて、PC本体はNEC、富士通、ソニー、東芝、DELLなど・・挙げだしたらキリがないくらいの企業が作ってます。

関連記事

  1. 7-07

    みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2017/8/1…

  2. 7-09

    みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2017/9/1…

  3. 7-09

    みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2017/10/…

  4. 7-10

    みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2017/10/…

  5. 7-01

    みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2017/10/…

  6. 7-09

    みんな大ファンのiphoneナビゲーターブログ:2017/11/…

おすすめ記事

  1. いちばん近いキャリアショップを選ぶ
  2. ソフトの信号を本体に送る
  3. 音声通話サービスを付ける
  4. 通信速度やひと月に扱えるデータの容量
  5. 世界中でシェアされてる

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る